恥ずかしさはない

Doctor

流れ作業で診られるので羞恥心は少ないです。

胃腸科と肛門科の両方を診れる医師に、他の診察のついでに痔の診察をしてもらう場合。肛門科を受診して痔の診察をしてもらう場合。この二通りの方法があります。前者の場合は、流れの一環として診てもう感じなので気持ち的にもだいぶ楽です。 肛門を診察してもらう場合はおしりの部分だけ見れるように途中までズボンを脱衣し、横になったり、うつ伏せになったりしながら診察してもらいます。表面上では良くわからない場合は、器具を挿入して内部を診てもらいます。これが少し羞恥心を刺激しますが、一瞬のことなので気にすることはありません。 苦しい痔の症状を我慢して人生を浪費するより、ちゃんと専門医に診てもらってスッキリとした人生を謳歌すべきです。

胃腸科と肛門科のある病院がお勧めです。

痔のつらい症状で苦しんでいても、民間療法的な手段で騙し騙し生活している人が多いのが事実です。例え医師とは言え、肛門を見られることがそれ程までに嫌な人が多いのでしょう。肛門科の前で待つのも恥ずかしいと言う人さえ居ます。人間の感情とは時に、厄介なものです。 最近は、胃腸科と肛門科がセットになっている病院が増えて診察をうけやすくなりました。胃腸の病気で診察をうけに行ったついでに、痔の症状を言うと、そのまま診てくれるのです。こういう流れだと「恥」の感情はあまり発生する余地がありませんので、楽です。 そして、医師から痔の診断をうけて治療してもらえると、今まで一人で悩んでいた時間が勿体無いと思うようになります。一人で悩まず早めに痔の症状を治してしまいましょう。