種類を知っておく

Doctor

痔の種類と症状について

痔は、肛門周辺に起こる病気のことを指します。痔の種類としては、痔核、裂肛、痔瘻の3種類があります。 痔核の症状としては、肛門にイボのような異物ができ、出血をともなうことが多いのですが、痛みを感じないこともあり気づかない人もいます。 原因は、便秘、下痢、飲酒、また精神的ストレスが考えられます。 裂肛の症状は、排便時激しい出血があり、また排便後痛みがしばらく続くことがよくあります。 原因は、排便時の無理ないきみなどにより、皮膚が裂けてしまうことによるものです。 痔瘻の症状は、肛門周辺の皮膚が腫れ、激しい痛みと発熱をともないます。また、症状がひどくなると、膿が出て手術をしないと治りません。 原因は、下痢、精神的ストレスによる免疫の低下が大きいといわれています。

治療は早期にはじめる

痔の治療方法は、大きく分けてライフスタイルの改善、薬の使用、病院での外科治療の3種類があります。 ライフスタイルの改善は、排便習慣が大きく影響します。便意がないのに無理に排便しようとすると、肛門に負担をかけ痔の原因となります。また、排便後はシャワートイレを使うなど、いつも清潔にしておくことが重要です。入浴時にも肛門をきれいに洗う習慣をつけましょう。 薬については、痛みやかゆみを抑えるための軟膏を塗布したり、肛門内部に注入する坐剤などがあります。また、出血や炎症をおさえるために、内服薬を飲むのも効果的です。 病院での外科治療は、まず内視鏡カメラで大腸内の状態を観察、検査します。痔瘻になった場合、手術するいがいに完治する方法はまずありません。 痔の種類、症状にあわせ、とにかく早期に治療をはじめることが大切です。