一例を知る

Doctor

私の痔の症状について。

私は以前痔になったことがあります。その時の痔の症状についてお話します。私が痔になった時の症状は、朝起きてトイレに入って大便をしてトイレットペーパーででお尻を拭いた時に、トイレットペーパーに血が付いていることがわかりました。私は時々出血することがありましたのでそれほど気には留めませんでしたが、その時は出血がなかなか止まらず、トイレットペーパーで拭いても拭いても血が止まることはありませんでした。私はこれはいつもと違う気がしましたので、初めて肛門科の病院で診てもらうことにしました。ちょうど自宅近くに肛門科の専門病院がありましたので、肛門科の病院を探すことは無く初めて肛門科の病院で診察してもらうことになりました。

病院での治療について。

肛門科の病院での診察がこの時が初めてでしたので、緊張というか恥ずかしさの方が上回ってしまいました。診察の時はベットにズボンと下着を下して横になり行われました。そして診察の結果イボ痔であることがわかりました。イボ痔の部分から出血を起こしていたのです。主治医の先生によりますと出血の症状は塗薬で止めることは出来ますが、イボ痔を完治させるには手術をしなければならないと言われてしまいました。ただ手術は今すぐといった緊急性はありませんでしたが、いつかしなければ一生完治することはないと言われてしまいました。正直私はショックを受けましたが、とりあえず塗り薬で出血の症状を止めました。そして数ヶ月後にイボ痔の手術を行い完治しました。