種類を知っておく

Doctor

痔の治療は症状の種類に合わせて様々な提案を受けられるため、自分でも種類を知っておくほうが心づもりができてよいです。早期発見と早期治療で負担の軽減にもつながるため、知識としての重要性も高いです。

Read More

一例を知る

Doctor

痔は症状がどんなものなのか、自覚症状をそのまま認識できるとは限りません。気に留めていなかったものが実は大きな問題だったということもあるため、起こりうる問題の一例を知るのは肛門科受診のきっかけとして重要です。

Read More

恥ずかしさはない

Doctor

肛門科で痔を診察してもらおうと思っても、恥ずかしさが先に立ってしまってなかなか診察を受けられないケースは多いです。ここで重要なのは、医師は相手の羞恥心を刺激しない点と、胃腸科を併設しているところが望ましい点です。

Read More

自己診断は禁物

Doctor

「痔」の症状があらわれたら

「おしり」にまつわるトラブルは、全て「痔」と呼ばれています。様々なトラブルが起こりますが、症状としてあらわれるのは「切れる」か「出血する」、「イボができる」等の症状になります。 何らかの「痔」の症状が現われている方の中には、そのまま放置していることもあるでしょう。しかし、「痔」を自己診断することはよくありません。「大腸がん」などの大きな病気が隠れていることも考えられるからです。 「痔」の進行度によって治療方法が変わってきますが、軽度の場合であれば薬物療法や生活習慣の改善で治すことが出来ます。症状が進んでいれば、手術が必要になります。今日の医療技術の発達で、入院期間が短縮され、切除を必要としない方法も確立されています。通常、手術に必要になる費用は、3割負担の方で3万から5万円程になります。

「肛門科」を受診しよう

「痔」は、特別な病気と思われがちですが。しかし実際は、多くの方が「痔」の症状に悩まされており、国民病の1つと言っても過言ではありません。 この「痔」の治療に関しては「恥ずかしい」と思う方が多く、治療を受けない方は多数存在するといわれています。しかし、出血や痛みは、日常生活にも大きな影響を及ぼしてきます。適切な診察が必要になるのです。 今日では、「痔」に関する情報を簡単に手に入れられるようになり、専門医を選んで治療を受けに行く方が増えています。抵抗なく検査を受けられるように、肛門専門医のいる病院を選び、受診する傾向になっています。病院側も積極的に「痔」の治療についての情報を公開し、患者さんの不安を取り除く配慮が行なわれるようになっています。